レモンウォーターの簡易的な作り方

cwl_05

レモンウォーターは、海外の有名モデルが愛飲していると言われるものです。ダイエットやデトックス、アンチエイジング効果があるとされています。便秘解消やむくみの解消にもなると言われています。ダイエットに良いと言われるスムージーは、ちょっと作るのが面倒な時がありますが、レモンウォーターはとても簡単に作れるので忙しい朝でも大丈夫です。

コップ1杯の水に半分に切ったレモンを絞ります。レモンが手に入らない場合は、市販のレモン果汁をティースプーンに1杯いれる方法でもOKです。レモンは冷蔵庫に入れなくても1週間ぐらいは持つので、週末に買いだめしておくと便利ですね。ただし、100%レモン果汁を選びましょう。寒い時は温めて飲んでも良いです。レモンウォーターは朝起きてから朝食を食べるまでの間に飲むと効果的です

朝の美容法だと、冷たい水を飲んだりコーヒーを飲むという人は多いですし、グリーンスムージーを飲んでいる人も多いですよね。しかし、レモンウォーターを飲むなら、水の中にレモンを絞って入れるだけなので、作るのに時間がかからず、そして大きなデトックス効果やリフレッシュ効果が期待できます。

簡単なので誰でも続けやすいのですが、水とレモンだけでは苦いという人は少なくありません。少しでもストレスなく長く続けるためには、やはりおいしく飲めるレモンウォーターを作りたいですよね。

苦いのがダメという人は、水にレモンを半分ぐらい絞り込んだら、そこにハチミツを投入するのも良いでしょう。味のバランスは自分で様子を見ながら調整してください。デトックスのためのダイエットウォーターなので、苦いからと言って砂糖を入れるのはNGです。

レモンウォーター妊娠中や日焼けの場合

cwl_04

妊娠中は飲み物に困ることが多いでしょう。以前は何も考えずに飲んでいたものも、妊娠するとセーブしなければいけないものが出てきます。特にカフェインが入った飲み物は胎児に悪影響を及ぼすため良くないといわれています。そんな妊娠中にオススメノ飲み物がレモンウォーターです。なんとミランダ・カーも、産後にレモンウォーターを飲んでいたという噂があります。

レモンウォーター妊娠中に飲むと良いといわれているのは、『デトックス』『栄養補給』『免疫力アップ』などが挙げられます。ノンカフェインなので妊娠中でも安心して飲めますし、ぜひオススメしたい飲み物です。

レモンウォーターの作り方は簡単。天然水にレモン汁を加えるだけでOK。ポッカレモンなら、いつでも手軽にレモンウォーターを作ることができます。

海外セレブや日本のモデルなども飲んでいるという話題のレモンウォーター。
レモンには誰もが知っているビタミンCをはじめとし、クエン酸、カリウム、カルシウムといった栄養素が豊富に含まれています。

一般に美肌を作り日焼け対策にも良いと思われているレモンですが、実はレモンの中に含まれる「ソラレン」という成分が、太陽の光を浴びると紫外線で活性化し、シミ、そばかすの原因になるというのです。そのため摂り方を間違えると逆効果になることも!

野菜や果物などは2時間程度で消火され血液に行き渡るといわれているため、朝食時などに飲むと、一番紫外線が強い時間帯に外出する事にもなります。
できれば、レモンウォーターなどのビタミンCを多く含むものは、紫外線の影響を受けない夕方以降に飲んだ方が日焼け対策には良さそうですね。

レモンウォーターで美白に。CMは関係ないよ

cwl_03

レモンにたくさんのビタミンCが含まれているのは有名です。このレモンを水に入れて作るレモンウォーターは、とても簡単に出来るダイエットとして話題になっています。毎朝起きてすぐに、このレモンウォーターを飲んでいるだけで、体重が減っていくといわれています。

これはレモンがもつポリフェノールが体の中の脂肪を体外に排出するからです。そしてこのレモンウォーター、肌を綺麗にそして美白にする効果もあるのです。レモンウォーターの中に入っているビタミンCはシミの原因になるメラニン色素を押さえ、しみやシワをなくし、肌を白くする効果、それに弾力のある肌になるように、コラーゲンが増えるように働きかけます。レモンウォーターってダイエットだけじゃないんですね。

「待ってろよ、王子様。」のセリフでお馴染みのレモンウォーターのCMで、イメージキャラクターを務めている女の子がカワイイと大評判です。そんな気になる女の子の名前は本田翼ちゃんといいます。シリーズ化しているレモンウォーターのCMですが、ホーム篇では、ついキレイになるのを後回しにしてしまう多忙な入社3年目の新人編集者をキュートに演じて、ネットでも大きな話題となっています。

朝の通勤ラッシュのホームでイケメン駅員さんと出会い、もっとキレイにならなくちゃ、と女の子らしさを取り戻すというのがそのストーリーです。ロケで、本田翼ちゃんがアドリブも交えながらプロ根性で厳しい撮影に臨んでいる姿も人気を集めるヒミツとなっています。